2011年3月11日、東北沖大地震の被災者の皆さまへ安定・継続した支援を行っていくために、
『心援隊びわこ』というチームをつくりました。
(以前は、 め組JAPAN滋賀支部という名前でした。)

チャリティーイベント、募金活動、物資支援、 炊き出しなどを行いながら、活動資金や義援金を集め、支援物資の購入や発送、( 関西へ避難してくる人たちの受け入れ)、「心援隊」「 め組JAPAN」「JAPAN元気塾」の活動に同意し、 状況に併せて、最良の支援を行っていくためのチームです。


「心援隊びわこ」の事業は、「ご協力を頂いている皆様」、「社会福祉法人中央共同募金会 災害ボランティア・NPO活動サポート募金」、「滋賀県ふれあい基金災害支援活動基金助成金」の交付を受けて行われています。



心援隊びわこの被災地支援活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本支援活動第5便(1日目)

熊本支援活動第5便は、出発10人、現地合流で17人。
6月24日金曜日滋賀を出発し、
25日朝、御船IC下車、甲佐町到着。永明寺さんで、活動。宿泊は、西原村。
26日、幣立宮参拝(活動まで時間があったので)、東無田で活動。ラーメン党さんでヒアリング。
27日、7時滋賀着。

大津を出発したのが20時、いきなりドライバーさん、中国道入らずに名神まっすぐ行ってしまいました。
災害従事車両の許可得てるので、途中下車するできません。えらいこっちゃ。
豊中ICの事務所でお聞きし、豊中でUターンし、茨木でUターンして、元に戻るということしました。
実は、第4便でも同じ間違いをし、その時は、阪神高速乗り継ぎ、Uターン無く、行かせてもらったそうな。

8時に御船ICおりて、甲佐町に着いたのは、朝の8時過ぎ。
永明寺さんで、泥かきの活動でしたが、避難指示出てますー!
雨も沢山降ってます。近くの川も氾濫してます。
住職さんとお話し、警戒し、出来るところから行いました。
段々小雨になり、昼にはRQ九州の川上さんがダンプを持って来て下さり、また、第二便でお世話になった、益城の粟津さんも合流下さいました。
雨で流された土、泥が道をふさいでしまい、スコップで軽トラに積み、積み。
時間のある限り、駐車場に溜まった泥も、積み積み。
IMG_7013.jpg

総勢13人で17時頃まで泥ドロ活動。
いつものことですが、全身泥だらけ。
雨の中、よくやりきりました!

実は、大雨により予定していた活動ができなくなり、
中止にしようか?
とりあえず、行ってニーズ拾うか?
っと、第2便でお世話なった、粟津さんに相談したところ、
今回の永明寺さんのご依頼を頂けました。
粟津さんのご縁に感謝。

ナビで西原村に向かいましたが、
土砂災害による通行止めで、迂回、迂回の連続。
IMG_7030.jpg

夜は、倫熊隊(阿蘇)のご縁で、西原村で夕食を頂き、宿泊させていただきました。
とても親切に、また、地震当時のお話、地域の動きを聞かせていただきました。
地震前に、最悪なシュミレーションで地域訓練されたのが、活かせられたとのこと。

初日は、活動、ご縁、交流のすばらしさを体験しました。
損得の無い、お互いを思いやる。

永明寺の荒瀬住職のご家族さん
繋いで下さった、益城の粟津さん
明日活動手配下さった高千穂の川上さん
夕食作って下さった、阿蘇の3美女さん、お父さん、ご家族さん
寝床を提供下さった宮田先生
全て手配下さった久保田さん
活動共にして下さった9人のみなさん
お陰様で、ありがとうございます。
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

 プロフィール

心援隊びわこ

Author:心援隊びわこ
災害支援活動をしています『心援隊びわこ』です。 
現地の復旧活動や支援物資をお届けのほかに、NPO法人MAKE THE JAPANの活動も支援しています。

『心援隊びわこ』 
〒520-0865
滋賀県大津市 南郷3丁目1-12
(いわまの甜水内) 

事務局長:浅野 裕史 
TEL090-3276-3488(浅野)
shinentai.biwako@gmail.com

 最新記事

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 最新コメント

 月別アーカイブ

 カテゴリ

活動内容ブログ (44)
お知らせ・ご案内 (27)
心援隊びわこ・事業内容 (1)
これまでの活動 (5)
ご支援のお願い (1)
ご協力頂いた方々 (1)
隊員募集 (1)
メディア掲載履歴 (6)
会計報告 (2)

 リンク

このブログをリンクに追加する

 検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。