南三陸~気仙沼~塩釜~仙台荒浜にて

こころひとつに! ~出来ることからこつこつと・・・心援隊びわこブログ~

大荒れの天気予報が外れここ2日程、良いお天気に恵まれました
仙台よりお届けいたします。

今回は業務で南三陸~気仙沼~塩釜~荒浜へ。
仕事中でもついつい支援活動の思いが湧いてきて
あれこれと思いが巡ります。

こちらは南三陸町の現在です。
画像中央・・・遮断された鉄道がまだまだ今もそのままの姿です。

南三陸鉄道


昨年初夏に撮影の現地の住宅・・・
下の画像が今現在の様子・・・何も変わっていないのです。

南三陸市営1


南三陸市営2 

復旧は元に戻す事!復興は以前よりも前進&向上な事・・・
「復興」とよく耳にしますが、言葉だけ先行していないのか・・・いつも自問自答です。



少しずつ南下して気仙沼地内に入りました。
雪景色の中、各建物の基礎だけが残る状況に変化はありません。

あの日を感じる内陸に打ち上げられた大きな船も見えました。
これからも未来へ語り継ぐために震災遺構として残すべきか
あの苦しみを思い出す事をそのままにすべきなのか意見は様々です。

決して風化させずに、この悲しい体験を無駄にせずに
未来へ繋ぐ事の大切だだけは身に染みているのですが・・・
気仙沼

気仙沼2 



さらに南下して塩釜市へ。
塩釜はオイルタンカーを2011/3/21より入港させた場所でした。

3/21~26まで2,000KL級タンカー×8隻=16,000KL
3/27~31まで5,000KL級タンカー×12隻=37,000KL
合計53,000KLの燃料を揚げた港地域です。

宮城県で1日に必要な燃料は3,700~4,500KLと言われていますが
当時の状況で入港させたことは本当に大変なことだったと思います。

水産加工の工場も多く、異臭や虫などとの格闘もありました。
そんな地域にも仮設店舗の復興市場が並んでいます。
マリン2


観光桟橋として利用されているマリンゲート塩釜も再開しています。
まだまだ傷痕はたくさんあります!
おいしい「ど根性海の幸」がたくさん販売されています!
ぜひお尋ねください ♪ 
マリンゲート1 

完全復旧ではありませんが、頑張っておられます!
マリン3

傷ついた基礎で当時の様子がわかります。
マリン7


この景色・・・階段の高さと登りきった所にある中央付近の青い看板をご確認下さい。
アップにすると・・・どの高さまで浸水したのかわかります。 

マリン4

マリン5

今も残る当時の様子もたくさんありますが・・・
マリン6

観光船も復活し、本当にがんばって歩まれておられます!!
マリン8 




そして塩釜から仙台へ戻ってきました。
荒浜地域の活動をされた方ならきっとこの景色をご存じのはず。
荒浜1


「加油!!=がんばって!!」とかかれた黄色いハンカチ。
荒浜2 

この場所には「ど根性コンビニ」が再開です。
もうすぐ!21日にオープン! 仮設のコンビニで再出発です。
荒浜3


ここまで来るまでにどれだけの課題に取り組まれてきたのか
本当に頭が下がります。

道路や土地の整備、護岸工事、復旧活動の支援者・・・たくさんの方々が
このお店にお世話になれると思います。

仮設店舗にレンガ色の壁面加工をして、何だかとっても勇気が湧いてくる建物でした。
今はまだ工事中で、きっと開店に向けラストスパートだと思います。

停滞している事、一歩ずつ前に向かっている事、たくさんの「今」を
確認して参りました・・・業務中にて、出来た事は確認だけでしたが
やっぱり私達心援隊びわこには、これしかない!!

「心ひとつに出来る事からコツコツと積み重ねていこう~」

当たり前の日常が取り戻せるように、出来るお手伝いを
何度でも再認識の現地レポートでした。



テーマ:行ってきました☆ - ジャンル:ブログ

«  | ホーム |  »

 プロフィール

心援隊びわこ

Author:心援隊びわこ
災害支援活動をしています『心援隊びわこ』です。 
現地の復旧活動や支援物資をお届けのほかに、NPO法人MAKE THE JAPANの活動も支援しています。

『心援隊びわこ』 
〒520-0865
滋賀県大津市 南郷3丁目1-12
(いわまの甜水内) 

事務局長:浅野 裕史 
TEL090-3276-3488(浅野)
shinentai.biwako@gmail.com

 最新記事

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 最新コメント

 月別アーカイブ

 カテゴリ

活動内容ブログ (45)
お知らせ・ご案内 (27)
心援隊びわこ・事業内容 (1)
これまでの活動 (5)
ご支援のお願い (1)
ご協力頂いた方々 (2)
隊員募集 (1)
メディア掲載履歴 (6)
会計報告 (3)

 リンク

このブログをリンクに追加する

 検索フォーム